同棲生活 部屋探し答え合わせ編

同棲生活も早半年以上が経ちました。

前回の部屋探し編の答え合わせということで、半年たってあのときの部屋探しは正解だったのか、改善すべき点、後悔したことなど紹介したい。

 

住居スペック

・鉄筋築20年以上の3階建てマンションの3階

・2DK(DK6畳、和7畳、洋6畳)バストイレ別

・家賃60,000円+共益費3,000(+振込手数料432円)=総額63,432円

・駅徒歩10分(800m~900m)

・徒歩2分にマツモトキヨシあり(22:00閉店)、コンビニは徒歩10分

・プロパンガス

・モニター付きインターホン

・南向き

ないもの

宅配ボックス、お風呂の追炊機能、DK部屋のエアコン設置設備

 

半年たった今分かったこと・気づいたこと・後悔したこと

●2DK正解!1LDKでもいけたか?

個人の時間を確保したいと切望し2DK以上は必須だったので大正解。ただ割と二人でいる時間が長くこれが苦ではない。最近はもっぱら僕の部屋で二人で寝てるのでもう一部屋は持て余している。1LDKでもいけなくはないなと思ったけど今より1万円近く家賃が安いなら1LDKでもよかったというレベル。寝る時間が違ったりと生活リズムがまるで異なるようなら2DK以上がいい。彼女が終電で帰ってくるということもあり、そういうときはやっぱ部屋別でよかったと思う。

 

●オプション・サービスについては要確認!

ガス代の安い都市ガスを希望していたが、目当ての部屋はプロパンだった。インターネット無料+エアコン二基残置ということで目をつむりました。が、インターネットについては動画閲覧に耐えられるレベルではないと入居後に知った。結局オプションをつけるという形で月額4,000円程度ネット代を支払っている。せっかくプロパンガスの割高分をペイできると思ったのに!エアコンについては問題ないけど、これもよく確認していなかったなあ。動作確認と何年物なのかくらい確認しておくべきだった。結局買い替えるとなると処分も大変だし。無料サービス関連は本当に無料で済むのかは入居前に確認すべきだったと思った。

 

●買い物できる施設をチェック!特に動線上のスーパー!

駅前には某大型百貨手があり大体のものは揃う。特に意識してなかったけど、休日フラっとショッピング楽しめるのは便利だと思いました。買い物の為にわざわざ都内でたりアウトレット行ったり、それはそれで楽しいけど身構える必要があるというか、近所で大体のものが揃うってのは重要だと感じました。

そのほか日々の買い物では、部屋決めの際近くにドラッグストアがあって便利くらいにしか思ってなかったけど、買い物できるところが近所にある、もっというと通勤の帰り道の動線にスーパーがあるのは助かるなあと思いました。買い物は週末にするけど、ちょこちょこ足りないものが出てくる。平日、仕事帰りに買い物をすますけど、もしスーパーが帰路からそれたところにしかないと地味にきつい。動線にスーパーがあるっていうのは結構重要。あと乾電池や薬が切れた場合に近くにドラッグストア(またはコンビニ)があるのは非常に便利だなと思いました。

スーパー以外でいうと、ホームセンター。車がない僕らにとって近場にホームセンターがあるのは心強い。配送サービスや車の貸し出しサービスもあるけどホームセンターは地味に近所にあってよかったなあと思いました。

あ、TSUTAYAが隣の駅に行かないとないのが不便です。自転車で全然いける距離だけど、帰りにフラっと寄って返却するなんてことができないのは不便です。

まあホームセンターもTSUTAYAもあれば便利程度なので、なければないで問題ないです。似たような物件でどっちか迷うときに、スーパーやホームセンターを参考にして選ぶのは良いと思う。

 

●引越の時期

 僕たちは12月中旬ごろから本格的に探し始めた。で2月下旬に同棲を開始したのだけれど、この時期は新生活に向けて不動産屋や引っ越し業者は繁忙期。つまり引越料金は高め、部屋もすぐに決めないと他で決まっちゃうなんてことも。もちろん出ていく人もいるので良い物件に出会えることも多いけど、競争率が激しい。

同棲を始めてからも、自分の家と同条件で物件を探し続けた。今の部屋よりよい部屋はなかなか見つからず、「やっぱ正解だったな」と思ったけれど、梅雨頃からだろうか、ちょこちょこ今より家賃が安い同条件の部屋が見つかった。夏、秋と検索掛けても割と出てくる。

1~3月は激戦区なので同棲の時期を特に限定していないのなら、梅雨明け~秋くらいに部屋を探すとよい部屋を見つけることが出来るかもしれない。

引越関連でもう一つ言うと、ネットの見積サイトは使わない方が良い。電話番号・アドレスを登録すると引っ越し業者やウォーターサーバー・ネット回線等の営業がすごい。

 

●ゴミ出す場所の確認はすべき

これも入居前は深く考えていなかったけど、既述しかり動線上にあることが大事。いいマンションだと24時間ゴミ出し可能スペースが敷地内にあったりします。これめちゃ便利、うちはそんなのないけど。敷地内にゴミ出しスペースがあるので通勤の際に出す。これは彼女より遅く家を出る僕の仕事です。これも駅と反対方向にゴミ出し場所とかあったらほんと不便。駅まで徒歩10分の意味なくなるし。入居前に確実に確認しておいた方がいいなと半年たって思いました。

 

●プロパンガス…そんなに高くない?

ガス代について都市ガスとプロパンなら都市ガスの方がお得です。ただ賃貸の場合、個人でどちらかを選ぶのは無理。入居時都市ガスを優先に探していたけど都市ガスの部屋は基本築浅物件なので値が張る。結果プロパンの部屋になったけど、予想していたほど高くないというのが実感。

プロパンガスの場合、ガスをまったく使わなくても一定額かかる。一定額+使った分が請求されます。うちは一定額が1,500円くらいで、平日はほぼシャワーで済ますのでここ最近は合計3,500円くらいだった気がします。ただこれから寒くなり風呂を沸かす機会も増えるし、水も冷えてるからガスもより使うでしょう。5,000円~前後くらいにはなると思う。これが都市ガスなら3,500円くらいだったのかななんて思うとやるせないけど月々2,000円程度しか変わらないなら家賃で元取れているかなと思う。倍の7,000円とかなら考えちゃうけど、もともとあまりガスを使わないというのが奏功してプロパンでもそんなに気にならなかった。もちろん都市ガスに越したことはないけどね。最近電気やガスの自由化なんかいろいろあるけどガスについては賃貸はその恩恵にあずかれないのです。

 

●その他細かいところ

・和室、洋室はどちらでもよかった

・日当たりは大事、日中電気必要ないレベルで欲しい

・家賃振込手数料の存在(数百円だけどなんか腑に落ちなかった)

宅配ボックスはあれば便利。ないと不在通知表がたまりがち

・コンセントの位置や数はチェックしといて正解

・風呂は狭いがそもそもシャワーですますことが多いので問題なかった

・収納多いと便利、ずぼらなら押し入れやクローゼット広いと整理整頓せずに済む

・玄関照明のスイッチが玄関から離れていて不便、靴はいてからだと消せない

・洗面台が独立していないが特に気にならない。家賃あと500円だして独立するなら…迷うレベル

 ・賃貸なので壁に画びょう刺せない…けど刺した。7年済めばチャラらしい

 

 

もし次回引っ越すことがあれば以上の点に気を付けてまた部屋を見つけたいと思う。同棲が破たんしない限り、当面その予定はないけれども。

 

同棲生活 部屋探し編

部屋探し…住む場所…家賃…間取りなど…条件は?

 

同棲をするにあたり、二人の職場の中間地点にしようということになった。

都内に勤める彼女、埼玉に勤める僕。中間駅は23区内でしたが、家賃相場等を鑑み埼玉県に決めた。

 

住む家を決めるにあたり、絶対に外せない条件が

●駅から徒歩10分以内

●2DK以上

●家賃が安い    

●バス、トイレ別

 

その他重視する点は

●都市ガス

●買い物が便利

●オール洋室

●日当たり

●敷金礼金0、更新料も0

●二階以上

 

「間取り」に関しては同棲するにあたって経験者が語るアドバイス第1位(…たぶん)が"別々の部屋を確保する"らしい。いつも一緒にいては息が詰まるし喧嘩した時に逃げ場がないので部屋は別の方が良いということだと思う。

僕も一人の時間は確保したかったのでこれは外せない。

「駅までの距離」については徒歩でつらくないところ。徒歩10分だと駅まで800~900メートルくらい。実家の時は徒歩だと25分なので、自転車で駅まで行って、雨の日がつらいことつらいこと。雨の日でも駅まで困らない距離ということで徒歩10分以内で探した。

「家賃」については共益費込みで70,000円前後を条件にした。「2DK」「駅徒歩10分」で探す最安値物件から、相場感をつかみ、自分たちの場合7万~8万位ということで7万前後くらいかなと。

「バストイレ別」に関しては彼女が一人暮らし時代不便だった為、強く希望しておりました。

 

おおまかな条件が決まり、いざ不動産屋へ

 

2016年12月24日クリスマスイブ。恋人たちが一年で最も浮かれる日に、僕たちはとある駅前のとある不動産屋に向かった。上記条件を伝えると後日物件を何件か回ることになった。年明けに物件を何件か回り、一件気に入った部屋が見つかった。駅まで徒歩5分、家賃7万ちょっと、オール洋室の2DKなどなど、希望に見合った物件だったのでそこを抑えに見積もってもらい、デッドまでに他に良い物件が見つかればバラすということに。

 

満足して帰宅しようと思ったのですが、入った不動産屋は一軒のみ。部屋探しは複数不動産屋を回るのが鉄則ということで、いまさらながら何か所か回ることにした。

個人的にも、どの駅前でも見かける大手不動産屋より地域に根差した小さい不動産屋のほうが穴場物件を教えてくれるんじゃないかなと…で案の定その通りだった。

他にもたくさんのよい物件を紹介され、迷うようになり、後日最初に訪ねた不動産屋に断りの電話を入れました。あのときの態度、絶対あの不動産屋だけは二度と使わない笑 見積の時もよくわからん任意の「入居サポートサービス」みたいなのを平然と入れてくるあたりうざかったのを覚えている。何も突っ込まなかったら平然と請求してくるんだぜ、オプションのくせに。

 

最終的に決まった物件が

●家賃63,000円(共益費込み)

●駅徒歩10分

●2DK(DK6畳、和7畳、洋6畳)

●バストイレ別

●敷金礼金なし、更新料も相場の半額

●三階

●日当たり良好(南向き)

●プロパンガス

●インターネット無料

●エアコン二基あり

●徒歩1分にマツモトキヨシあり

●駅からの動線にスーパーあり

 

こんな物件に決まりました。僕たち二人大満足です。これ以上家賃安くしたら駅まで徒歩12分とかになりそうだし家賃と駅までの距離、築年数など一番絶妙なバランスになったんじゃないかな。

当初の希望の「都市ガス」→「プロパン」となったのはインターネットが無料、エアコン二基ありというところで目をつむった。

 

かくして僕たちの同棲生活は不動産屋を初めて訪ねてから二か月後、2017年2月24日から始まりました。

住み始めて半年以上たつけどおおむね満足です。(半年経過後の感想はまた別記事に…)

 

同棲部屋探しのポイント ~これは間違いない!ってのと細かい点も~

●絶対に譲れない条件を設ける!

これは同棲に限らず、部屋探しの鉄則。自分が何を求めているか、どこまで妥協できるかを明確にしておくことが大切。あれもこれもと全部希望を叶えるのは不可能なので、「これだけは絶対」というものを3つくらい設けるとよい。多くても5つくらいまでじゃないかな。

 

●間取りは2DK以上!

とはいったもののこれは好き好きだと思う一般的には「2DK」以上が理想らしいが、空くなくとも一つの部屋だけで二人暮らすのは無茶。そもそもそういう間取りの部屋は二人入居不可だろうし。僕らは「1LDK」でもよかったかなあとも思ったけど今「2DK」で家賃「63,000円」だから、「1LDK」なら家賃「53,000」切るくらいのとこじゃないと割に合わないなとか思います。1LDKの物件自体あまりなくて、リッチな一人暮らしを想定した家賃・間取りになってるからあまり同棲向きではなようだ。

 

●不動産屋は複数まわれ!

ハウ〇コムのおかげで学びました。ありがとう!

ネットだと出てこない物件紹介してくれるし、地域の生きた情報を得られるのでgood。

同じマンションに住む近隣住民についてとか、大家さんの人柄とかはネットではわからない。

 

●敷金・礼金・更新料・仲介手数料・事務手数料、不動産屋の見積には注意しろ!

ハウ〇コムのおかげで学びました。ありがとう!

謎のオプションがついてたら「これって任意ですよね?」と外してもらいましょう。その他クリーニング、鍵交換費なども交渉の余地に入ります。また不動産屋の仲介手数料の相場は家賃一か月分(法律でこれが上限らしい)。仲介手数料がこれより安ければ良心的な不動産屋かもしれないし、何かからくりがあるのかもしれない。

よく聞く敷金とは家主への保証金、デポジット。退去時に部屋を汚したとか破損した場合に敷金から補填する。礼金も大家に支払うもので「貸してくれてありがとう!」というものらしい。どちらも家賃一か月分が相場。更新手数料も同じ。賃貸の契約はだいたい二年。これを更新するときにかかる手数料らしい。自分たちの場合はこれがないかわりに事務手数料がかかった。更新手数料の2/3程度だったので我慢できた。

そのほか賃貸には共益費(管理費)がつきもの。家賃に対して数千円程度だが馬鹿にならない。また先の敷金礼金の計算に、共益費は含まれないので、家賃+共益費が同じ7万だとしても、共益費の割合が高いほど敷金や礼金は安くなる。

その他にも火災保険料などもかかる。月々の家賃だけではなくいろいろ見積もって、仮に二年住むと仮定したら初期費用プラス手数料等込みでいくら金がかかるか把握しておくとよい。

 

ちなみに敷金について

よほどのことがなければ負担する必要はないらしい。また賃貸の場合7年住めば減価償却されて入居者側の退去時負担はないと言われています。

 

●内見は行っとけ 

これも常識。図面の間取りだけ決めて部屋を決めるのは愚の骨頂。

・トイレ、風呂、キッチンと水回り関係のチェック

・コンセントの位置、数、テレビ、ネットの接続端子の位置、数のチェック

・収納スペースのチェック、玄関の靴置きなど

・駐車場、駐輪場の有無

宅配ボックスの有無

・エアコンが設置できる部屋数(賃貸は工事できないため据付による)

・ガス管の数チェック、コンロおけるスペースのチェック(二口コンロの設置可能か)

・電気のアンペアのチェック(IHやオール電化を検討ならある程度のアンペア数が必要)

・日当たり

・玄関モニターの有無

 

 

ぱっと思いつく限りこんなところだろうか。他にもチェック項目は沢山あると思う。賃貸は部屋の工事ができないのでエアコン設置できるかと、

 

●駅前、近所チェック

上述と少し被るけど、内見ついでに駅前や近所をチェックしておくとよい。不動産や情報の徒歩10分が正しいかはチェックして正解だった。実際階段の登り降りや改札入ってホームまでと加えると徒歩10分といいつつ15分近くかかる。電車発車前の10分前に家出るとギリギリ。

あと近所のスーパーや買い物できるところもチェックした方が良い。ネットがあれば、とは思うがすぐ欲しい!ってときはやっぱり近所に帰るところが無いときつい。

ちなみにその町の治安を見るには、パチンコ屋、カードローン・消費者金融ドン・キホーテ、業務用スーパー、風俗店等の有無で確認できる。当然これらが多いところは治安が良くない。

●プロパンガスか都市ガスか

プロパンガスは都市ガスより割高。賃貸の場合これは個人で選べないので入居時に確認する必要がある。2倍とは言わないけど都市ガスより1.5倍程度はプロパンガスの方が高い。業者によっては2倍違うということもありえる。であれば家賃が3,000円高い都市ガスの家に住んだほうがよい。こうした日々のランニングコストは馬鹿にならないので、家賃以外に住居にかかる費用は試算しておくとよい。

新しめの物件は都市ガスが多いかな。

 

●大島てる

 

www.oshimaland.co.jp

有名な事故物件紹介サイト。不動産屋が説明してくれると思うけど、念のためこのサイトを参考に目当ての部屋が事故物件じゃないか、近くに事故物件が無いか等は確認しておくとよい。

 

 

 

他にも思い出したら書き足す予定。契約するとき、名義は彼女で自分は同居人という扱い。続柄のところになんて書けばいいのかなと迷っていると不動産屋の方が”婚約者”とアドバイスしてくれた。まあまだ家族じゃないしこう書くしかないよなあ…こっ恥ずかしかった記憶。

同棲始めました

漫画今年の二月から埼玉のとある町で同棲を始めました。

 

めっきりブログを書かなくなって久しいですが、アクセス履歴をみると月に300PVくらいはあるようで、読んでくれている人もいないこともないんだなあと思い、同棲生活についてを中心にブログを再開できればと。

 

実は別に同棲ブログを立ち上げたけどそれも一つの記事だけで断念。

一応見てくれている人がいるこっちならモチベーションになってつづくんじゃないかなと思って。

 

同棲始めるときに情報収集でいろいろブログをあさったのだけど意外に有益な情報が得られず。同棲の本とかもなかった。というわけで自分が日々の生活を通して感じた同棲に役立つことを紹介できればと思って、ブログ再開します。

ついでに今まで通り日々の所感や趣味のことも記事にしたいと思います。

 

いつまで続くやら…。

2016年上半期に聴いた名盤

cool-fool.hatenablog.com

 

これに新規でランクインしそうなアルバムです。

 

1.Wincing the Night Away/The Shins

Wincing the Night Away

amazonの評価高いなー。音がきらびやかでクリアです。ウィルコの

 

ヤンキー・ホテル・フォックストロット

ヤンキー・ホテル・フォックストロット

 

 このアルバムのようなサウンド。をもっと明るくキラキラさせた感じです。どこかしらジャケットも似てます。
Castにも通じているような。

All Change

All Change

 

 ネオアコってわけではないけどどこかノスタルジックを感じる。The Shinsはこのアルバム一枚しかないからジャニスにいかねば。



2.GOGO DEMPA/でんぱ組 

GOGO DEMPA(通常盤)

キラーチューンは個人的に"破to the future"と"永久ゾンビーナ"。ほかのアルバムに比べるとキラーチューンは少なめに感じるけど全体的に質が高い。シングル曲が多めだから当然だ。
でんぱ組の「でんぱ」な部分は抑え気味だけど幼稚な部分というか、聞いてて恥ずかしいって感じではなくなっている。


3.Live in Tokyo/Gotch

Live in Tokyo

大好きなアジアンカンフージェネレーションのボーカル後藤正文のソロデビューアルバム、のライブ盤。オリジナルも聴いたけどライブ盤聴きすぎてはまれなかった。絶対こっちのほうがいい。
これ聴いてアジカン、ゴッチはちょっと邦楽ロックアーティストの中で格が違うというか異彩を放っている存在になったなあと感じました。アコースティックギターのサウンドがとても心地いい、そこに絡む他の楽器やコーラスが絶妙。優しく訴えかけてくるものがあってちゃんとロックになっている。ほんと別格なアーティスト。

4.Cage the Elephant/Cage the Elephant

Cage the Elephant

小洒落たガレージ系という好きなジャンルのアルバム。Last.fmによればレッチリmeetsアクモンらしい。レッチリまったく聴かないから知らないけど確かにアクモンのような遊び心のきいたサウンド。だからこそもう一歩どまりのアルバムかな。小洒落たレベルで抑えてるガレージが大好物で遊びすぎちゃうとちょっと青臭さを感じちゃう。


5.Drop You Vivid Colours/Luminous Orange

Drop You Vivid Colours

日本のマイブラ的アルバムです。邦楽シューゲイザーの名盤。ゆるやかでたゆたうような轟音ギターがとても心地いいです。


6.everyday is a symphony/口ロロ

everyday is a symphony

何をもってセンスがいいとするかは人によるけど、センスの塊的なアルバム。実験的な部分が絶妙だったり、してやられた感あるアルバム。Tokyoって曲が某ラジオ番組のOP曲に使われてて仕事を思い出すから手を出さずにいたアルバムだけど辞めた今だから気にせず聴ける笑


6.Gala/Lush

Gala
これもシューゲイザーかな。ブリットポップ期の英のシューゲイズバンド。マイブラのボリュームを絞って優しくした感じ。シューゲイザーサイケデリックで脳がとろけるような感覚になる。何も考えずに身をゆだねるように聴くととても気持ちいい。ベッドに入って寝付くまでながしっぱだったり、轟音だからうるさくて寝れなくなるけど。




他にもたくさん聞いたけど印象に残っているのは上記のアルバムかな。洋楽の新作はレンタル一年後だからバンバンは聴けない…。ちなみにレディヘの新譜はベンズ、オケコンに次いで彼らの中でベスト3のアルバムだと思いました。

お風呂カフェビバーク@熊谷

オープン以来ゆるふわ系女子を中心に人気のお風呂カフェ@大宮

f:id:rm7246060:20160910172711j:image

 

オーガニックでナチュラル(?)な居心地のいい空間で、一眼レフが趣味なお団子頭の女子で週末は賑わっています。

 

本日9/10 熊谷に系列店のお風呂カフェビバークがオープンしました。

f:id:rm7246060:20160910172958j:image

 

お風呂×カフェ×グランピングがテーマの温泉施設です

 

まず入り口を入ると

f:id:rm7246060:20160910173042j:image

グランピングがテーマなだけにアウトドアな雰囲気です。

 

f:id:rm7246060:20160910173119j:image

靴箱もなんだか地球に優しそうな仕上がりです。

f:id:rm7246060:20160910173154j:image

実際に遊べるのか分かりませんがボルダリングがあります。

f:id:rm7246060:20160910173223j:image

f:id:rm7246060:20160910173232j:image

f:id:rm7246060:20160910173239j:image

こんな感じで本読んだりパソコンいじったりしながら好きなようにくつろげます。ハンモックやテント、ロフトなんかもあります。

 

オープン初日ということで混雑を予想してたけど意外に空いてました。

まだまだ知名度が低いのでしょう。あと最寄駅 籠原から徒歩20分なので車がないときついです。

ちなみに場所は17号熊谷バイパスと中山道が交差するとこ。

 

無料シャトルバスは2時間おきで先着9名まで うーん。

 

大宮のお風呂カフェも駅から歩くけど大宮駅からは路線バスで10分ほど。こちらは熊谷から35分ほどです うーん。

 

本家は都内から来る人も多いけどこっちはきついね。籠原は都内からだと90分ほどかかるだろうし。

 

それでも施設は素晴らしく逆に大宮ほど混んでないのでハンモックやテントが割と使えます。カップルが抱き合ってテントで寝てたりもしました。

 

仮眠室もあって朝9時まで滞在できるのも素晴らしい。

 

家が近い人や車がある人はおすすめです。

f:id:rm7246060:20160910173833j:image

料金はこんな感じ。

 

ちなみにこんなもの食べました。

f:id:rm7246060:20160910173906j:image

割とボリュームあって1000円。安くはないけど良心的な値段でした。料理はその他グランピングがテーマなだけあって肉が充実してます。お酒もたくさん。

 

 また空いてる週末に出かけたいとこです。

ジャンクガレッジ大宮店

f:id:rm7246060:20160706201613j:image

 

世界で一番うまいと思ってるラーメン屋。二郎系のガツンとくるラーメンと健康度外視のまぜそばはとてもジャンク。

 

通いつめて5年近くになるだろうか

東大宮の本店は微妙に不便な位置にあり、東京駅ラーメンストリートにあると知った時は学校帰りに通い、ここがなくなったかと思えばなんと高田馬場に開店。よく行ったけど半年ほどで閉店。まもなく大宮店がオープン。

今では大宮店によく行く。

 

夏になると期間限定で冷やしまぜそばが販売される。高田馬場店で初めて食べたけど正直イマイチだった。チーズと卵がないのだ。かわりにシャキッとしたレタスとよくわからないタレがかかってる。

f:id:rm7246060:20160706202238j:image

久々に注文したけど暑い夏にはぴったりだ。胃にガツンとくるまぜそばも冷やすことですんなり食べれる。

ジャンクガレッジを食べに行くと次の日必ず下痢になるけどこの日はならなかった。

 

おすすめです!

24歳の俺の好きなアルバムベスト100(25→1)

cool-fool.hatenablog.com

cool-fool.hatenablog.com

cool-fool.hatenablog.com



第25位 I/Buffalo Daughter

I

 日本じゃほぼ知名度ないバッファロー。日本より世界で活躍するバンドというかユニット?宅録とか打ち込みのかんじ。

www.youtube.com

 

 

 

 

 

第24位 呼吸/Lily Chou-Chou

呼吸

2000年頃公開した 「リリィシュシュのすべて」という傑作鬱映画に登場する架空の中二病アーティスト・リリィシュシュのアルバム。その正体はsalyu。映画の世界観を作り上げてるアルバムで儚く美しく鬱なアルバム。

 

www.youtube.com



 

第23位 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命/銀杏BOYZ

君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

ゴイステ後にメンバー1人切り離して作ったバンド。2014年早々には峯田ただ一人になってしまった。まあ青い、若くて鬱屈した汚い欲望をぶちまけてるアルバム。さすがに社会人になると聴くの辛くなる。ラーメン二郎みたいなね。カロリー高すぎ。

 

www.youtube.com





第22位 はちみつ白書/ZABADAK

はちみつ白書

シャーマンキング19巻から唐突に始まる回想編、恐山ル・ヴォワール。各話の最後に詩が綴られてるんだけどこの編の最終話にそれがひとつの歌になってる。でネットでアンナの声優やった人がそれ唄ってたのアップしてた。でなんかその雰囲気の曲あったなと思って探したらこれだった。くまのプーさんのコンセプトアルバムで、ゲストボーカルにすげー可愛らしい声の人招いて演奏してる。明るいんだけどどこか切ない雰囲気のアルバム。

 

www.youtube.com


第21位 We Need Medicine/The Fratellis

We Need Medicine (ザ・フラテリス)

多分2004年ごろだったと思うけどアップルのCM曲に採用されて日本でもスマッシュヒットしたフラテリス。のサードアルバム。スコットランドだったかそのあたりのバンドでシャレオツなガレージロックを奏でる。数あるガレージロックバンドの中で一番シャレがきいてて粋だなと思ってる。

 

www.youtube.com


 

第20位 FANTASMA/Cornelius

Fantasma

小山田圭吾は性格がクソで有名らしい。でもこのアルバムは傑作。もともと小沢健二フリッパーズギターを組んでて90代初期に渋谷系と持て囃された。ソロになってコーネリアスとして活動し、宅録でいろんな音詰め込んだこのアルバムが出来た。ガチャガチャしてるけど華やかでキラキラしてるアルバム。

www.youtube.com



 

第19位 WWDD/でんぱ組.inc

WWDD (通常盤)

底抜けに明るくてBPM高くてテンション爆あがりする。 アイドル興味なかったけどでんぱ組は別。青い子、ピンキーが好きです。この曲就活の時に22号館こもって超聴いてたなあ。

www.youtube.com






第18位 The La's/The La's

La's

1986年に結成されたリバプールのバンド。ネオアコギターポップの超名盤。ギターがジャキジャキでキラキラした音してる。そんなのに乗ってブリットポップ的メロディを奏でるってイメージ。一曲一曲シンプルでキャッチーだし短いから聴きやすい。ストーンローゼズと同時期に活躍して双璧感あるけどローゼズよろしく寡作でオリジナルはこれ一枚だけ。ボーカルのリー・メイヴァースは行方不明らしい。

www.youtube.com






第17位 St.Vincent/St.Vincent

St. Vincent

セルフタイトルのこれはまだ2014年とかの作品。四枚くらいアムバムあるけど前作から覚醒してギターの変態っぷりが凄い。どんなエフェクターなのか全然わかんないけど音が特徴的。キーボードっぽいというかデジタル的というかギターの音ではない。無機質っぽい音をうねるように演奏する。

www.youtube.com






第16位 ERA/中村一義

ERA

 尾道旅行したとき何回もリピートした。くるり ナンバガ スーパーカーと同期の天才。宅録とかで一人でなんでもやっちゃう。なんか勝手に小沢健二とかコーネリアスとかの仲間だと思ってた。こんないいアルバム作るのにあんま評価されてないのは何故だろう。

 

www.youtube.com






第15位 Tommy/The Who

Tommy

これを元にした映画も面白かった。日本では知名度低いけどビートルズローリングストーンズに並ぶイギリスのバンド。これはコンセプトアルバムで盲目・聾唖な少年トミーを主人公にした戯曲のようなもん。文学的だけどポップ、インテリを感じる。

 

www.youtube.com

 



第14位 Definitely Maybe/Oasis

Definitely Maybe

オアシスと言えばこれかセカンド。俺はこっち。ビートルズの影響もろ受けてるらしいけどぶっちゃけ聴いててそのへんあんまりわからない。王道なロックだなとは思うけど。演奏多分そんなうまくないしけだるい歌い方なんだけどそこが魅力的。このジャケット冷静に見ると結構笑えてくる。はやく再結成してくれ。

www.youtube.com






第13位 NIKKI/くるり

NIKKI(通常盤)

くるり。一枚ならこれか。ピアーかこれかアンテナかさよならストレンジャーあたりで迷った。このアルバムは古き良きオールドロックなアルバム。ガレージ的ローファイな音でゆるく歌ってる。でもファンには不評なアルバムらしい。
 

 

第12位 Magic Disc/ASIAN KUNG-FU GENERATION

Magic Disc

アジカン好きで一枚選ぶの大変なんだけどこれかなあ。ベタにソルファで、他にも未だ見ぬ明日へ、ワールドワールドワールド、ランドマークとか好きだけど。このアルバムはファンファーレ鳴ったりしてて今までのアジカンとは一味違う。ソルファの頃とは割と別物。初期の勢いだけのバンドからの成熟っぷりが伝わる。ただ一つ、最後ボーナストラック扱いで収録されているソラニンがなー、アルバムの世界観にそぐわなくて蛇足。まーボーナストラックだからな。

www.youtube.com






第11位 Coming Up Roses/Owsley
 

Owsley

 あんまりこの人のこと知らないんだけど、図書館でジャケ借りしてなんとなしに聴いてみたらよかった。力強いギターが印象的なパワーポップ。このアルバムはOasisにガレージロックを足したようなアルバムだと思ってる。調べたらこの人もともとセマンティクスというバンド組んでてソロで再デビュー、日本ではこのアルバムしか発売されてなくて、2011年くらいに自殺してしまってる。もっとこの人のアルバム聴きたかったのでとても残念。あとどうでもいいけどセマンティクスって単語ちょっと卑猥 笑。

www.youtube.com

 



第10位 Modern Guilt/Beck

Modern Guilt
ベックも好きだから一枚に絞るのは大変。勝手に表ベック、裏ベックと呼んでるんだけど宅録でゴチャゴチャ音混ぜた アルバムが表、落ち着いたアコースティックなアルバムを裏。このアルバムは裏なんだけどビート感というかリズムの感じが表っぽい。落ち着いてて緩く心地いい浮遊感漂うオシャレなアルバム。35分と短いのもいい。聴き始めたらいつの間にか終わってる。

www.youtube.com






第9位 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The Beatles

サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(紙ジャケット仕様)

 数あるロック名盤ランキングで一位に輝くことの多いこのアルバム。俺は中期ビートルズのサイケな感じがすきなのでこのアルバムが好きです。最強ベストであるビートルズ1という一家に一枚なアルバムを聞いてビートルズにはまり、映画「I am Sam」でLucy in the Sky with Diamondsというサイケな曲が気に入ってサージェントとかマジカルミステリー…とか好きになった。

www.youtube.com




 

第8位 Yankee Hotel Foxtrot/Wilco

ヤンキー・ホテル・フォックストロット  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

 アメリカのバンドで7人くらいメンバーいた気がする。多い。タイトルはなんかラジオの試験電波で送る単語をつなげたものだったような、よくわからないけど。アコースティックなアルバムなんだけどとにかく音がクリア。一音一音の輪郭がくっきり。レコーディングエンジニアが相当いい仕事したんだと思う。高性能のヘッドホンで聞いたら脳汁出ると思う。穏やかにダウナーですごく音が鮮明なアルバム。このアルバムは普通だけど結構変態なバンドで実験的なことやってるみたい。

www.youtube.com

 

 

第7位 名前をつけてやる/スピッツ

名前をつけてやる

西日本を旅していたとき聴きまくっていた。スピッツと旅の相性は最高。正直スピッツは一枚に絞るのとてもむずかしいのだけど単純な再生数でいったらこのアルバムになった。二枚目にしてすでに完成されているのがよくわかる。ていうかファーストからすでにスピッツスピッツって音楽通にもJ-POP好きにもにわかにも全方位にウケるからすごい。好きなアーティストは?の質問に「スピッツ」と答えとけば正解になる。

www.youtube.com

 

 

第6位 Loveless/My Broody ValentineLoveless: Expanded Remastered Edition

1991年のアルバム。シューゲイザーの金字塔アルバム。そういや、エフェクターを駆使するから足元(show)を見つめる(gaze)でシューゲイザーらしい。うるさい轟音ギターのなか優しく儚いボーカルが囁く。非常に浮遊感のあるアルバムで、何故か勝手に春の訪れにぴったりなアルバムだと思ってる。眠たい時とかに聴くと心地いいんじゃないだろうか、春眠的な、うるさいんだけど。Ride,Slowdive,ジザメリルミナスオレンジシューゲイザーのアーティストをいくつか聴いたけど初めて聴いたのがマイブラだったのでなんか物足りなく感じるというか。マイブラがこのアルバムで全てやりきっちゃってるのでシューゲイザーはこれだけでお腹いっぱい。シューゲイザーを流行らせ、終わらせたアルバム。

www.youtube.com







第5位 John Cale/Paris 1919

Paris 1919 (Exp)

ヴェルヴェットアンダーグラウドのメンバー、ジョン・ケイルによるソロアルバム。1969年発表。ヴェルヴェッツといえばカオスな音楽性が特徴だけど、それは彼の音楽性に依る。だから彼が抜けてからの3rdアルバムはおとなしくなる。それはそれでルー・リードのソロに通じてて素晴らしいんだけれども。ジョンのソロアルバムはそのカオスさが存分に発揮されてるかと思えば非常にポップで美しいアルバムになっている。ヴェルヴェッツでの所業はなんだったのか、非常に幅広い表現を持った人。HobosapiensとかVintageViolenceってアルバムも好き。

 

www.youtube.com







第4位 The Stone Roses/The Stone Roses

ザ・ストーン・ローゼズ

1980年末期の頃のアルバム。マッドチェスターの中心的アルバムで数多くのアーティストがこのアルバムが好きだと言ってる。 特にオアシスのノエルがそうだったそうな。個人的には超最高なサイケアルバムだと思ってる。サイケの定義によるけど、それは心地いい浮遊感とかなんともいえない恍惚感とかそんなとこじゃないだろうか。もっとシュールでドラッギーなものもあるんだろうけど、ビートルズストロベリーフィールズとかルーシーインザとかあのへんの延長線上にあるようなそんなサイケが好きで、そうなるとこのアルバムが最高。何も考えずに身を委ねられるアルバム。

www.youtube.com





第3位 andymori/andymori

andymori

 1stらしい初期衝動に満ちたアルバムで発するエネルギーがすさまじい。暴れまくるドラムに乗っかる単純なコード、BPM高めでテンションが高い。本気で音楽に命かけている三人組って感じ。高校以来ロキノンを掘らなくなって詳しくないけど、andymoriはここ10年で現れた若手バンドの中で一番素晴らしい。解散が惜しい。オリジナルメンバーはみな早稲田卒。

www.youtube.com

 

safarina.blog.fc2.com




第2位 Velvet Underground & Nico/The Velvet Underground

Velvet Underground & Nico by Velvet Underground (2008-01-13) 【並行輸入品】

アンディ・ウォーホルのポップな世界観が好きでこのバンドに興味をもった。その実は、まったくポップじゃなくてダークでカオスなアルバムだった。ヴェルヴェッツは芸術家アンディ・ウォーホルのプロデュースで67年にこのアルバムをリリース。当時はビートルズとかの時代で、このアルバムは全然売れなかったらしい。が、このアルバムを聴いたものは皆バンドを始めたというほど影響力があった。ルー・リードのけだるいボーカル、力の抜けた歌い方、当時としては異端な過激な歌詞、ローファイでカオスな演奏、なんていうか秩序ある無秩序とでも言うか、退廃的だけどメロディーは割とポップ。

www.youtube.com





第1位 The Bends/Radionhead

The Bends

高校のころからの友人が レディオヘッドを好きだった。高校の図書館でレディへ借りた。"OK Computer"のほうが好きだったんだけどいつしかこればかり聴くようになった。レディオヘッドはアルバムごとに音楽性を変え常に進化し続ける現代最高のバンド。ベンズはレディへ最後の純粋なギターロックアルバム。高校以来ずっと聴いてる。俺の勝手な名盤の基準は、飽きが来ないか。銀杏BOYZとか好きだったけどやっぱ青い頃に心にしみて大人になってからはあまり聴かなくなる。そういう意味で選ぶとこのアルバムは一生聴けるんじゃないだろうか。なんともいえない儚さ漂う雰囲気の中かき鳴るギターが美しい。無人島に一枚しかアルバムもってけないとしたら多分これ選ぶ。

www.youtube.com