vsアムウェイ

アクセス解析すると一日平均10PVほど。ブログで小遣い稼ぐには程遠い数字。
リアと非リアの会話の違いをつづった文章が人気のようで、ツイッターで誰かがリンク張ってくれてたりした。



ところで昨日ネットで知り合った人と飲んだらアムウェイに勧誘された。


賢しいのだけど人脈的なものを欲してる俺はちょいちょいそういう飲み会に顔を出している。ただまあ実利につながるものはない。戦略変えるべきなのかもしれない。で、昨日会った人は同い年の男でラインのタイムラインにリア充はじけてるぜ☆系の写真を上げる人だった。

俺調べだがラインのタイムラインをばんばん使いこなすやつにロクなやつはいない。だいたいSNSを使いこなせないネットリテラシーの低いアホやこの出会いに感謝系リア充よくわからん痛いポエムとか近況報告とかイベントの投稿してるイメージ。

昨日の人は出会いに感謝系リア充でどんな人物か興味深かった。俺は人見知りだけど彼はリア充だし多分会話の主導権向こうが握って面白い感じにしてくれるだろうし、多少ブラックなこと言っても苦笑いはしてくれるだろうなと思った。多分俺が何をしゃべっても持ち前のリア充で会話を盛り上げてくれるのだろうと思った。

ただやっぱり会って話すと俺こいつ嫌いだなと感じた。なんだか最初は徐々にこう仲良くなりたいものだがむこうのペースでぐいぐい来られるとひいちゃう。あと忘れてたけど俺はシンプルに初対面の人は苦手or嫌い。

で、仕事の話をするとアムウェイやってると言ってた。アムウェイといえばすこぶる評判が悪いマルチだ。それ抜きにしてももう嫌いになっちゃってるからもうだめだ。

で途中その人の知り合いもやってきて三人で飲むことになった。そいつの胡散臭いこと胡散臭いこと。見た目はさわやか好青年。会話の主導権を握って俺に話を振ってくる。なんか営業臭はんぱない。言葉の全てがセリフじみててうすら寒かった。ようはこいつもアムウェイ勧誘くんだったのだけど。
「君はお金も時間もありあまってたらなにしたい?」 なんだかこなれてる聞き方だがアムウェイのマニュアルにはこう言えって書いてるのか?誘導尋問されているようで気持ち悪かった。それまで適当にのってたけど「一度説明会に来てみない?」の一言で完全に心閉ざした。



アムウェイくん二人に共通してたのはこじらせ意識高い系だってこと。人との出会いに感謝!とか人生一度きり!とかそういう希望にあふれたことを恥ずかしげもなく行っちゃうタイプ。ラインのタイムラインの写真や投稿に合点がいった。やっぱりネットリテラシー低い系と出会いに感謝系はタイムラインに投稿したがる。

俺はひねくれ斜に構え系だからこういう連中への嫌悪感が半端ない。そんな俺に夢あふれるキラキラ発言は蕁麻疹ものだ。

ただふと立ち返る。俺はそもそも人脈が欲しかったのだ。基本人嫌いだが社会人になって対人スキルを上げる必要性をひしひし感じたし、ビジネスでは人とのつながりがものをいう。こういう連中でもつながりにはなるし何よりたくさん知り合いをつくるコツみたいのは俺よりも絶対知ってる。

あとアムウェイ=悪って勝手な偏見も思考停止じゃないかと思った。ネットで調べると悪いところしか書かれてないけど公平性に欠いてる。だいたいアマゾンレビューの☆5と☆1はあんま参考にならないけどあれに近い。




まあたとえアムウェイなしにしても嫌いなタイプにはかわりないんだけどね。